生活

サッカーの岡崎選手とマー君

香川選手や本田選手が所属チームで苦境に陥る一方、移籍先のチームで大活躍しているのが岡崎慎司選手すでに二桁ゴールを挙げ、欧州での日本人選手最多得点も見えてきました出番が少なくなっていた古巣からの移籍という決断が成功だったことをゴール数が示しています古巣のサポーターからは、戻ってきてくれという声まで出ているのだとかサッカーにおいて、いかにチーム選びが重要なのかを物語っていますメッシやクリスティアーノ・ロナウドのように、個人で状況を打開できる選手はどんなチームでも結果を出せるでしょうしかしそんな選手は稀多くの場合、チーム戦術やチームメイトにハマるかどうかで、自身のパフォーマンスをフルに発揮できるかが左右されます逆に、チームを選ばないのが野球よく野球はチームプレーと言われますが、あくまで「打者vs投手」という個人競技その結果の連続がチームプレーにつながるわけですゆえに、数字で全てが評価される厳しい世界でもありますサッカーは数字に出ないプレーも評価されますが、野球は、投手なら勝ち星や防御率打者なら打率・本塁打・打点などで、目に見えてはっきり評価がわかってしまうからですスポーツニュースを見ていると、メジャーに移籍したマー君の情報がよく流れます巨額な年俸でメジャーに移籍しただけあって、マー君には最低でも15勝というノルマが出ているとか結果で全てが評価される厳しいプロスポーツの世界ですが、そのプレッシャーをはね返して、マー君にはノルマ以上の数字を残して欲しいものです。